ハワイでとてもかわいくて人気のハイビスカス

夏の花といえばハイビスカス

ハイビスカスといえば、真っ赤な花というイメージが強いですね。赤いハイビスカスの花言葉は、「勇敢」「常に新しい美」です。この花言葉「常に美しい美」とは、ハイビスカスの1日だけ咲く姿に由来します。

フラで頭につけるハイビスカス

赤や黄など南国の鮮やかな色彩が美しいハイビスカス。ハワイの州花で、日本でもハイビスカスを髪にさしてフラダンスを踊る姿がおなじみです。髪飾りにする際には、未婚者は右、既婚者は左にさします。ハイビスカスの原産地は熱帯アジアとされており、寒さに弱い植物です。日本では沖縄で多くのハイビスカスを見ることができます。沖縄南部では後生花と呼ばれ、死人の後生の幸福を願って墓地に植栽する習慣があるそうです。

花名の由来

古くから日本ではブッソウゲ(仏桑花 / 扶桑花)という名前で親しまれてきました。ハイビスカスがハワイの州花になって以降、日本でもハイビスカスと呼ばれるようになったといわれます。中国南部が原産ともいわれ、英語では「China rose(中国のバラ)」と名づけられています。西洋では美しい花をバラのようであるとよく形容します。ちなみに、西洋で「日本のバラ」と呼ばれてきたのはツバキやアジサイなどです。

白いハイビスカスも人気です

白く大きな花を咲かせる、白いハイビスカスの花言葉は、「繊細な美」と「艶美」です。夏の太陽の光を跳ね返すような大きく白いハイビスカスは、赤いハイビスカスとはまた対照的な美しさを備えています。

花言葉の由来

ハイビスカスは、一日だけ咲いてその日のうちに枯れてしまう一日花ですが、日当たりのよい場所では次々とつぼみをつけて咲き続けます。花言葉の「新しい恋」「常に新しい美」は、ハイビスカスが毎日新しい花を咲かせることに由来するといわれます。

ハイビスカスに込められている意味

ハワイを代表する花としてあまりにも有名なハイビスカス。昔から神々に捧げる花として知られてきました。「繊細」「美しさ」「新しい始まり」を意味し、これから恋人をつくる人に出会いのチャンスが訪れるとされています。 ハイビスカスはとても存在感のある花ですから、アクセサリーにした場合とても見栄えがよく女性から人気が高いハワイアンジュエリーです。

ジュエリーに関するお悩みやご要望はありませんか?
さまざまなお悩みに全て対応させていただきますので、ぜひご相談下さい。

流行のジュエリーが欲しい

二人だけのオリジナルペアリングを作りたい

結婚指輪・婚約指輪を作りたい

結婚記念日にプレゼントしたい

オリジナルのハワイアンジュエリーが欲しい

指輪のサイズを直したい

指輪の宝石が緩んでしまった

メレダイヤが落ちてしまった

指輪が外れなくなってしまった

指輪が汚れてくすんでしまった

古いデザインを新しくしたい

片方なくしてしまったピアス・イヤリングをなんとかしたい

使わなくなったネックレスを買い取って欲しい

はめづらい指輪を普段使いに作り直したい

リングをペンダントにリフォームしたい

ネックレスの長さを変えたい

ネックレス・ブレスレットの糸が切れてしまった

留め金具が壊れてしまった

イヤリングをピアスにリフォームしたい

アクセサリーのTPOに関する相談に乗ってほしい

その他にもご相談うけたまりますので、ぜひ一度ご来店下さい。
お気軽にお問い合わせ下さい。045-391-2815
ページトップへ